基本相場は?人には聞けない戒名の話

あなたの葬儀を手助けする総合情報サイト

死者の最後のお見送りを後悔することなくするための全面サポート

戒名料のトラブルを避けるには

あってない戒名料ですから、トラブルを避けるためにも、相場をはじめとした常識を知っておくことは大切ですね。戒名料が高かったという話はよく聞きます。

戒名料は同じ宗派や同じ戒名の位号でも同じではありません。また戒名そのものは仏の前ではすべてが平等という考えから2文字によってできています。社会やお寺への貢献度などによって、戒名の前後につけられる言葉が変化します。院殿号や道号は、戒名料だけでは簡単に付けてはもらえないようですね。位号によって大まかな相場が決まっているようです。もちろん宗派や地域あるいはお寺の格によっても変わってきます。

一般的な相場としては次のようなものです。*院居士、院大姉:100万円以上。*院信士、院信女:50万円から100万円。*居士、大姉:50万円から80万円。*信士、信女:10万円から50万円。

両親や配偶者と戒名のランクは揃えるべきか

すでに両親や配偶者が亡くなっている場合には、今度亡くなった故人についてその戒名のランクを両親や配偶者のランクとそろえるようにするべきでしょうか?

同じお墓に入るのならば、同程度のランクの戒名をとは思ってしまいますよね。しかし戒名のランクは、故人の社会やお寺への貢献度によってつけられるものですから、あくまでも故人に与えられるものとしてあまりこだわる必要はないようです。

立派な戒名をいただくということは、お寺を守り続けるということでもあります。後々お寺から高額の寄付を求められることも出てきます。あまり無理はしないほうが良いですね。

とにかく後で後悔することがないように、家族や親族ともよく話し合っておくことですね。

▲ ページトップへ戻る